無資格でも想いがあれば介護の仕事にチャレンジできる環境づくり

こんにちは、ヨシノでございます。

最近福祉の仕事ってまだまだ認知度が低いなーと思うことが度々あります。

カイゴって資格ないと働けないんでしょ?
そもそもなんの資格が必要なの?
費用高いんでしょ?興味あるけど、敷居高くてムリだわー
まあ、世間のイメージってこんなかんじだと思います。

無資格でも想いがあれば介護の仕事にチャレンジできる環境づくり
実際のところどうなのか、まとめてみようと思います。

Q1.介護のお仕事は必ず資格が必要なのか

無資格でも想いがあれば介護の仕事にチャレンジできる環境づくり
A.サービスによります。無資格でOKなサービスもあります

当法人の場合ですが、基本的には施設系とよばれるサービス(特別養護老人ホーム・ショートステイ・小規模多機能型居宅介護・高齢者グループホーム・デイサービスなど)の介護員(ケアワーカー)は資格は必要ありません。あ、訪問系だけど、訪問入浴もなくてもOK。

福祉系の資格は必要なくても、車の免許必須とかっていう場合はあります。他の業種と一緒ですね。

施設によっては無資格者に夜勤など一部の業務をさせない場合もありますが、単純に働くことは可能です。

ただもちろん、ないよりあったほうが良いのは間違いありません。

資格があると職務給とかでプラスされたりするので、大抵働きながら資格取得する方がほとんどなのかな、と思います。

Q2.そもそもなんの資格が必要なの?

無資格でも想いがあれば介護の仕事にチャレンジできる環境づくり
A.介護職員初任者研修が初めの一歩です

福祉系の資格はいっぱいあります。最近名称変更があったり、制度変わったりして、私も求人ページ作りながらよく訳判らなくなったりしてます。(だめ)

ただ今現在無資格で、未経験の人は迷わず介護職員初任者研修です。もう問答無用でこれ。

ちなみに在宅系というか訪問系サービス(訪問介護・定期巡回・随時対応サービス・夜間対応型訪問介護など)は最低限この資格が必要です。

介護職員初任者研修は介護のイロハを理解するための資格です。家族の介護のため…と就業目的ではない方もチャレンジしている基本の基本。

以前は「ホームヘルパー2級(正式名称は訪問介護員2級養成研修課程修了)」という資格名でしたが、2012年度で廃止になり、「介護職員初任者研修」として新たにスタートしました。

介護職員初任者研修の目的

介護職員初任者研修は、今後訪問介護事業に従事しようとする者、若しくは在宅・施設を問わず最低限の知識・技術とそれらを適用する際の考え方のプロセスとして身につけ、職場の上司の指示を受けながら基本的な介護業務を実践できることを目的として行われるものです。

厚生労働省ホームページより引用

ちなみに一定時間講習を受けて、修了試験に合格することで修了なので、試験受かればOK!というわけではありません。(ただしヘルパー2級のときにあった実習はナシ。)

あ、初任者研修すっ飛ばして上位資格の「介護職員実務者研修」という資格も受けられます。ただしちょっと大変なので、初任者研修からの方がおすすめです。

Q3.資格取得のための費用ってどれくらい?

無資格でも想いがあれば介護の仕事にチャレンジできる環境づくり
A.5万円~15万円くらい。ただしキャッシュバックや助成などがあります

以前は8万円くらいが平均的なところだったように思うのですが、最近やけに値崩れしている印象。正直地域によっていろいろだなーというところですが、横浜はスクールが複数あって激戦区で結構安めな気がします。

ちなみに市町村などで助成金がある場合もありますし、何より資格取得後に介護の仕事をするつもりであれば全額キャッシュバックしてくれる法人が星の数ほどあるから費用については心配いらないかと思います。

資格取得するスクールってどう探せばいいの…っていう方はシカトルさんとかから資料一括請求とかして決めるといいかと。(1円もマージンもらってないです!笑)

ただ法人によって資格取得支援制度ってルールがまちまちなので、働きながら資格取るにしても、資格取ってから働くにしてもしっかり事前に条件チェックしておくことが重要です。

例えば働きながら初任研修とろうと思って、社会福祉法人に無資格で入職したものの、そこの法人の資格取得費用キャッシュバック制度が「入職前1カ月以内に資格取得した方に限る」っていうルールだったら対象外なわけなので、勿体ない。細かいけど大事なことですね。

Q4.介護職員初任者研修とるのは難しいのか?

無資格でも想いがあれば介護の仕事にチャレンジできる環境づくり
A.時間かかるけど、難しくないみたいです

介護職員初任者研修の合格率って公的に発表された数字一個もないんで、確実なことはかけません。

そもそも試験問題はスクールによって違うようなので、そもそもはっきりした数字はでないんですね。

ただ以前ホームヘルパー育成スクールのお仕事に関わってた方に「介護職員初任者研修の合格率って感覚値どれくらいです?」と聞いたら「うーん、99%!」って言われました。

外国の方で日本語苦手な方とかでなければほぼほぼ受かるし、受かんなくてもその後補習とか再試験とかで最終的には絶対受かる!とのこと。

ただ試験だけではなく、スクーリングで実技や座学をしっかり学ぶことになるので、時間はかかりますね。最短で1カ月、週1~2通うコースだと3~4か月で修了というのが平均のようです。

当法人も資格取得支援制度ありますよ

無資格でも想いがあれば介護の仕事にチャレンジできる環境づくり

結局宣伝かよ!と言われそうですが、宣伝です。(キリッ)

実は8月から当法人でスタートした新制度です。今さらその制度整備したの!?と言われるくらい後発ですが!何か!!

ただ他の法人さんは受講料キャッシュバックだけど、当法人は条件によってはスクールに通う前に全額支援(上限8万円)しております。(当法人で資格取得から1年以上働いていただけた場合に限り)

キャッシュバックはいいけど、そもそも通い始めるときのお金がないよ…という方はかなり嬉しい制度なのではないかと思います。

条件あるし、選考もあるのですが、そこは一般の企業と一緒なので、少しでも介護の仕事に興味がある方は是非気軽にお問合せいただけたらなーと思います!!

当法人の採用担当が介護のイロハから詳しく懇切丁寧にわかりやすく時間を割いて教えてくれるって言ってたよ!(プレッシャーかけてます)

まとめ:やる気さえあれば始められますよ介護の仕事

無資格でも想いがあれば介護の仕事にチャレンジできる環境づくり
とまあ、珍しく当法人の宣伝になりましたが、資格取得支援の制度はうちに限らず、様々な法人で整備しているので、すぐに一歩は踏み出せるのではないかなと思います。

どんな仕事でもそうですが、やる気さえあれば色んな人がバックアップしてくれます。特に福祉業界の人なんかめっちゃ優しいよ!フレンドリーすぎてコミュ力高すぎて、自分が入職した当初戸惑うくらいだったよ!(笑)

あと体験入職ウエルカムな施設も結構多いし、ボランティアを募集している事業もありますので、不安な方はそういうところから始めてもいいかもしれませんね。

というわけで福祉の仕事に関わる資格についてでした。それでは、また!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする