動物の力でミラクルが起きる!高齢者福祉におけるアニマルセラピーの有効性

こんにちは、勢いよくやります!と言ったものの最初から書く記事に迷ってるヨシノです。(先が思いやられる…!)

何を一番最初の記事にしようかと迷っていたんですが、ちょうど取材で当法人の南永田桜樹の森(特別養護老人ホーム)に行って、施設犬のあいちゃんに会ったので、アニマルセラピーの話題です。

アニマルセラピーとは

動物の力でミラクルが起きる!高齢者福祉のアニマルセラピーの有効性

当法人の高齢者グループホーム「都筑の春」のホーム犬ハルちゃん。


アニマルセラピーとはその名の通り動物の力を借りて、心理的な安心を与えたり、精神的な健康を回復させたりする手法のことを指します。

アニマルセラピーはJAHA(公益社団法人 日本動物病院協会)によるとおおまかに下記の3つに分類されるそうです。

1.AAA(Animal Assisted Activity)動物介在活動
動物とふれあうことによる情緒的な安定、レクリエーション・QOLの向上等を主な目的としたふれあい活動。一般にアニマルセラピーとよばれる活動の多くはこのタイプです。
2.AAT(Animal Assisted Therapy)動物介在療法
人間の医療の現場で、専門的な治療行為として行われる動物を介在させた補助療法。医療従事者の主導で実施します。精神的身体的機能、社会的機能の向上など、治療を受ける人にあわせた治療目的を設定し、適切な動物とボランティア(ハンドラー)を選択、治療後は治療効果の評価を行います。
3.AAE(Animal Assisted Education)動物介在教育
小学校等に動物と共に訪問し、正しい動物とのふれあい方や命の大切さを子供たちに学んでもらうための活動。生活科や総合学習などのプログラムとして取り入れる学校も徐々に増えています。

JAHA(公益社団法人 日本動物病院協会)ホームページより引用

一般的に「アニマルセラピー」というと1番のAAA(Animal Assisted Activity)を指すことが多いようです。

日本でもアニマルセラピーという言葉は一般的になってきており、最近では高齢者福祉の現場にも積極的に取り入れられています。

高齢者福祉の現場におけるアニマルセラピー

動物の力でミラクルが起きる!高齢者福祉におけるアニマルセラピーの有効性

先日会った特別養護老人ホーム「南永田桜樹の森」施設犬のアイちゃん


高齢者福祉の現場におけるアニマルセラピーは効果があるからといってすぐに取り入れられるものではありません。

高齢者福祉サービスにおけるアニマルセラピーをとりいれるにあたって乗り越えるべき問題

  • しつけの問題
  • 感染症防止の問題
  • 健康管理の問題
  • セラピー犬への負担の問題
  • 世話にかかる人手の問題

日本でアニマルセラピーを行う場合は、特別な資格などは必要ありませんが、獣医や専門家の指導を受け、上記の問題を解決するための体制を整えることが必要です。

アニマルセラピーのパイオニアJAHA(公益社団法人 日本動物病院協会)が推進するCAPP活動

当法人の特別養護老人ホーム「さくら苑」の施設犬シュウくん

特別養護老人ホーム「さくら苑」施設犬


当法人では、1986年からJAHA(公益社団法人 日本動物病院協会)と連携してCAPP活動を行っています。

CAPP活動とはCompanion Animal Partnership Programの略で、JAHAの推進する動物病院を中心として推進するアニマルセラピー(AAA、AAT、AAE)の総称です。

実はJAHAの初めてのCAPP活動の第一歩は秀峰会の「さくら苑」から始まっています。日本のアニマルセラピーは秀峰会から始まったと言っても過言ではありません!(ドヤッ)

自慢はさておき、当法人は30年以上も前からサービスにアニマルセラピーを取り入れています。現在では特別養護老人ホーム、ショートステイセンター、高齢者グループホームにそれぞれセラピー犬を飼っており、日々ご入居者と触れあっています。

併せてJAHAのボランティアの方とセラピー犬が定期的に施設に訪問してくださっています。

3年前の中日新聞さんの記事見つけた
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20121114152418789

動物の癒しのパワーがミラクルを起こす

動物の力でミラクルが起きる!高齢者福祉におけるアニマルセラピーの有効性

CAPP活動の様子


ここで、当法人の印象深いエピソードをひとつ。

当法人の特別養護老人ホーム「さくら苑」に入居した時には歩行も困難で、認知症状も出ていたあるご入居者が、当時の施設犬ラブラドールレトリーバーのヘレン、マリーと仲良しになりました。一日をベッドの上で暮らしていたその方は、犬たちに誘われるように、少しずつベッドから離れるようになり、一緒に散歩ができるまでに回復しました。

やがてその方は娘さんと一緒に暮らすために退苑。その後しばらくしてその方が老衰で寝込んだという話を聞き、職員がヘレンとマリーを連れてお見舞いに行きますと、マリーは嬉しさのあまりぴょんとベッドに飛び乗って、その方の顔を舐めました。その方も「よく来てくれたな」と言わんばかりに、涙をぽろぽろ流してマリーを両腕で抱いていました。ヘレンはベッドの脇で頭を撫でてもらっていました 。その方はまもなく亡くなられましたが、最後に愛する犬たちに会えてどんなに嬉しかったことかと思います。

社会福祉法人 秀峰会 30年記念誌より抜粋

もちろん施設で動物を飼うということはリスクもありますし、コストもかかりますが、動物の世話はリハビリとなり、レクリエーションともなりますし、生活の中に愛情を注げる存在がいることは日々を輝かせてくれます。

つい先日も、ご主人も息子さんも亡くしてしまったけれど、飼い猫と暮らすことを生きがいにしているご利用者さんの話を職員の方から聞いたりして、本当に動物の力は偉大だなと感じます。

ご入居者・ご利用者の生きがいづくりを支援し、笑顔を生み出すCAPP活動をこれからも続けていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする