社会福祉法人的新卒採用プロモーション1:最初のコンセプト決定が重要!

こんにちは、ヨシノでございます。沖縄梅雨明けというニュースが聞こえてきてびっくり。夏が近いですなあ。

さて、3月に2016年卒の新卒採用がスタートして既に3か月以上経ちますが、今更ながらプロモーションのことも含めて書いてみたいと思います。

2016年卒の新卒採用はスケジュールが変わって短期決戦?

 変更前と変更後の目安のスケジュール。目安ですよ目安。
さて、2016年卒の新卒採用から政府からの要請で、経団連が採用活動の期間を後ろ倒す指針を発表しました。当法人も、この指針に従って3月から採用広報活動をしております。

スケジュール変更によりどんな影響があるのでしょうか。

スケジュール変更のメリット・デメリット

変更後のメリット

  • インターンシップへの参加、学業・部活などの課外活動の時間を確保しやすくなる。
  • 選考期間が短期化し、面接が始まってから内定獲得までが速い(優秀な学生はすぐに内定をもらえる)。
  • 夏休み中に選考試験が実施されるので、留学から帰国してきた学生も就活できる。……など

変更後のデメリット

  • 選考が短期決戦なので、準備不足の学生は例年以上に内定獲得が困難になる。
  • 後から準備すればいいと油断してしまい、結果、出遅れる学生が多く出てくる。
  • 理系は学業が忙しくなる最終学年の春・夏と就活が重なる。特に理系院生は夏が学会時期でもあるので、就活との両立がスケジュール的に厳しい。

マイナビ2016より引用

採用は後ろ倒しになったものの、夏休みにインターンシップを開催し、その時点で学生に対して自社のことをアピール…みたいな取組みがどこのサイトでも見られた気がします。

確かに学生とってはインターンシップで様々な経験をした上で就職先を決めれば入社後のギャップが少ないのかな、と思います。正直良し悪しというほかない。

福祉系学科に通う学生は夏休みは実習ということが多いようなので、福祉業界は夏が終わってもまだまだ採用活動やるよ!みたいなところがほとんどです。ただ当法人の新卒採用の対象者は学部・資格とか全く問わないので少なからず影響はあります。

ただでさえ売り手市場なのに、先行して採用活動を始めてる外資系もあるし、インターシップである程度皆絞ってきてるし、景気良くなってきているので学生皆さん大手志向が強いようで、社員数多い割に認知度はそんなに高くない当法人としてはガクブル。
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG19H12_Z10C15A5MM0000/

社会福祉法人的2016卒向け新卒採用プロモーション設計

2016年卒は短期決戦?社会福祉法人の新卒採用プロモーションのリアル
さて、2016卒向け新卒採用のプロモーションはヨシノが担当させていただきました。

人財部の新卒採用と組んであれこれ考えながら企画・設計・撮影・制作とWEBも紙もブース設計も全部。(いや、よくやったよ今思うと…遠目)

1年目は業界のことも判らなかったので、言われるがままでしたが、2年目ということである程度任せていただけました。

新卒採用プロモーションに際してやったこと

  • 採用コンセプト考案・キャッチコピー作成
  • 自社ホームページ(新卒採用サイト)大幅リニューアル・コンテンツ拡充
  • リクルーティングガイド制作
  • 合同説明会時のブース設計、使用アイテムデザイン制作
  • 法人説明会告知チラシ制作

ちなみにマイナビやリクナビなどの就職情報サイトは業者さんと人財部の担当者が担当したので私はノータッチです。

まずは採用コンセプト考案・キャッチコピー作成

2016年卒は短期決戦?社会福祉法人の新卒採用プロモーションのリアル
やる気を出してコンセプトから考えた。最初にコンセプト・キャッチコピー・メインイメージを決めないと後々のアイテム作成が本当にめちゃくちゃになるので、大事。本当に大事。

第一印象を決めるアイキャッチの重要性って本当に大きいので、これはコンサル入れてでも本気で作るべき、と思っている私です。

採用キャッチコピーは企業と求職者のWin-Winの関係をアピール

2016年卒は短期決戦?新卒採用プロモーションはコンセプト決めから始まる

小塚ゴシックLがお気に入り


当法人の2016年卒新卒採用のキャッチコピーは「Art of Life~横浜で今日を彩る~」です.

実はArt of Lifeという言葉は当法人の創設者が大切にしている言葉で、法人内では割と知名度が高い言葉です。QOLの先のAOLというかんじで使っています。たぶん造語。

「老いても最期の一瞬まで彩りある人生を描く」というような意味合いです。だから職員は作業的にサービスをするのではなく、ご利用者が何を求めているのか、何を大切にしているのかを考えながらケアするべし、ということで法人内では入職してすぐの研修で学ぶ言葉になっています。

入職時から常々この言葉いいなあ、と思っていた私。というわけで採用にも使わせていただこうと提案させていただきました。

ご利用者にとってArt of Lifeという概念は勿論大切だけれども、職員にとってもそれは変わらないことです。法人で働くことによってご自身の人生を彩りあるものになるよというメッセージです。働くことで得られる自己実現って絶対あるよね?

ワーク・ライフ・バランスが重要視されている昨今、働くことで得られる金銭以外のメリットも必ずあると思うので(スキルだったり、やりがいだったり、仲間だったり)「うちの法人に入って法人を育ててください!」という一方的な責任を背をわせるようなコピーより、お互いのメリットを示すようなコピーの方がいいのかな、と考えました。

ただArt of Lifeだけだと判り難いので副題も。「横浜」というキーワードがやっぱり大切。

メインイメージはキャッチコピーを後押しするデザインに

2016年卒は短期決戦?新卒採用プロモーションはコンセプト決定が命

なんか自分で作ったものを解説するって物真似の冒頭に名乗っちゃうくらい恥ずかしい。


メインイメージは「横浜」というところをアピールしたくて上記のようなかんじになりました。

言わないとわかってもらえないことも多いけど(笑)横浜市の平面図をデフォルメしてます。

キャッチコピーを後押しするように自己実現を期待させるようなイメージにしたつもりです。よくある「お互いに成長しよう!」的なアレ。(説明が雑になってきた)

まとめ:自己都合ばっかり押し付ける採用プロモーションは時代遅れ。どういう想いで採用活動するのか改めて見直そう

社会福祉法人的新卒採用プロモーション1:最初のコンセプト決定が重要!
これは法人全体の意思としてまずコンセプトを作ることが重要だと思うので、担当者一人ではなかなか難しい作業になるかもしれませんが、何事も最初が肝心です。

私は色んな採用サイトを見て、コンセプトを考えました。市場調査ももちろん重要です。「大手は上から目線のコピーが多いな」「福祉系はやっぱりやりがい社会貢献やをアピールしてるな」とか見えてくるものがあるはず。

というわけで、採用プロモーションの第一歩、採用コンセプトのお話でした。新卒採用プロモーションについてはWEBも紙もブース設計もまだまだ書きたいことは多いので、何回かに分けて書くつもりです。お楽しみに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする